のどかのブログ

BGT、AGT好きのブログです!

Brandon Leake の AGT オーディションでの詩 和訳

今日は Brandon Leake です!

f:id:dd-noddy:20200704224156j:image

彼はこの間公開された

AGT のオーディションで、

ゴールデンブザーを獲得していましたね!

今までの AGT では

詩を読む、というパフォーマンスは

見られなかったので

すごく新鮮でした!

そしてその詩の内容、

読み方、彼の感情、全てが

素晴らしかったです!

 

Brandon の AGT オーディションのパフォーマンス ↓

 

www.youtube.com

 

この詩の和訳です!

 

 

I have two facts for you
2つの事実がある

One, I'm six feet tall
ひとつ、僕の身長は6フィートだ

And two, love is the most vulnerable thing one will ever have
そしてふたつ、愛とは何よりも傷つきやすいものだ

And you must learn to hold on to it losely
そしてそれをゆるく掴んでおくことを学ばなければ

So when it leaves it won't exit so painfully
そうすればそれがどこかへ行ってしまってもそこまで苦しむことはない

On July 14th 1996, an angel was brought to this earth
1996年7月14日、天使がこの地球にもたらされた

Her name, Danielle Marie Gibson, but
彼女の名前は、ダニエル・マリー・ギブソン、でも

I only know her as puff
彼女のことはほんの少ししか知らない

Her smile is as wide as universe
彼女の笑顔は宇宙のように広く

Her eyes they glimmer like the star
彼女の目は星のようにきらめく

She is my world, and my sister
彼女は僕の全てであり、妹だ

I, just four years old at the time
僕は、当時たったの4歳で

Learned what it meant to love selflessly for on days
無償の愛とは何かやっと学んだばかりで

And watched my strength was
自分の強みを見ていて

But knee-high seeing her smiling face would make my soul fly, but
でも膝の高さの彼女の笑った顔は僕の魂を空高く飛ばす、でも

On March 23rd 1997, I've been ground bound because
1997年3月23日、僕は地から起き上がれなかった、なぜなら

She left earth to go back home amongst the stars right next to God
彼女は星々の中の神のそばへ戻るために地球を去ったんだ

But I was left here to manufacture wings
でも僕は翼を作るためにここに残されて

Out of tears and broken dreams yet I'm still haunted by these nightmares because
涙は枯れ、夢も壊れ、まだこんな悪夢に憑りつかれてる、なぜなら

I have a really creative mind
僕にはすごくクリエイティブな力があって

And sometimes it designs these alternate realities where she is still here
時々彼女がここにいるというパラレルワールドを描いてしまって

Still alive, and
彼女がまだ生きてるって

All the things I wish we could have done
僕らができたであろうこと全て

I'll play it again, and again, and again, and
また想像して、またもう一度、またもう一度

I'm tired of praying God cuz
神様にお祈りするのに疲れたんだ、だって

I gotta come to terms with the fact that my sister ain't never coming back
僕の妹はもう絶対に戻ってこないっていう事実を受け入れなければいけなくなるから

And that's the cost of love
それが愛の代償だ

Caring someone so much that you can't imagine living life without them
その人がいない人生なんて考えられないような人をすごく気にかけて

staring at the grave like
お墓を見つめて

How about I trade my six feet for yours
僕の6フィートと君を交換するのはどうだろうって

But that's not real
でも現実にはできない

And I know I said earlier to hold on to love loosely
僕は、ゆるく掴んでおく、と言ったね

So when it leaves it won't exit so painfly, but
そうすればそれがどこかへ行ってしまってもそこまで苦しむことはないって、でも

If this pain and these memories are all that I got left of you
この痛み、この思い出しか君のことで残ってないなら

I won't never regret these scars
この傷を悔いたりはしない

From just trying to hold on to you
君にしがみつこうとしたことでできた傷を

 

 

 

 

コロナの影響で、

観客が一人もいなかったので、

この素晴らしい詩を

余計な音がひとつも立たない中で聞けて

すごく美しい瞬間になりましたね!

 

ではこのへんで。