のどかのブログ

BGT、AGT好きのブログです!

Lauv の Julia 和訳

今日は Lauv です!

f:id:dd-noddy:20200309211102j:image

~how i'm feeling~ から、Julia です!

 

Julia は、

~how i'm feeling~ アルバムの

20曲目です。

この曲はタイトルの通り、

彼の元の彼女の

Julia Michaels への

思いを書いた歌で、

彼女との日々を思い出しながら、

彼女にしたことへの後悔の思いなどが

書かれています。

 

Julia ↓

 

www.youtube.com

 

Julia の和訳です!

 

 

 

Can we call it kinda? Yeah
When we met
That seems really good
そんな感じだって言ってもいいかな?
僕らが会ったとき
すごくいい感じだった

 

When we met, I wasn't me
I was so numb, yeah, I was so lonely
Out on the run, I wasn't free
And you came along, but you couldn't save me
僕らが会ったとき、僕は僕じゃなかった
僕は何も感じてなくて、すごく寂しかった
逃げていて、自由じゃなかった
そして君がやって来て、でも君は僕を救えなかった

 

My hesitation and holdin' my breath
I led you into the garden of my loneliness
Wished that you left before it all burned down
僕はためらい、息を止めて
僕の孤独な庭に君を導いた
全部焼け落ちる前に君が出ていくことを願った

 

Oh, Julia
I'm sorry what I do to ya
I push and pull and mess with your head
Then get in your bed 'cause I'm weak deep down
Oh, Julia
I wish I never lied to ya
I never meant to hurt you like that
And if I could go back, I'd leave you alone
あぁ、ジュリア
君にしたことを謝るよ
君を押したり引いたり、君の考えを乱したり
それから君のベッドに入っていった、僕は本当は弱いんだ
あぁ、ジュリア
君に嘘をつかなければよかったと思う
あんな風に君を傷つけようとしたんじゃないんだ
もし戻れるなら、君をひとりにするよ

 

When I left, I wasn't sure
That I could love, love anymore
僕が離れたとき、確信はなかった
愛せるのか、これ以上愛せるのか

 

But my hesitation and holdin' my breath
I led you into the garden of my loneliness
Wished that you left before it all burned down
でも僕はためらい、息を止めて
僕の孤独な庭に君を導いた
全部焼け落ちる前に君が出ていくことを願った

 

Oh, Julia
I'm sorry what I do to ya
I push and pull and mess with your head
Then get in your bed 'cause I'm weak deep down
Oh, Julia
I wish I never lied to ya
I never meant to hurt you like that
And if I could go back, I'd leave you alone
あぁ、ジュリア
君にしたことを謝るよ
君を押したり引いたり、君の考えを乱したり
それから君のベッドに入っていった、僕は本当は弱いんだ
あぁ、ジュリア
君に嘘をつかなければよかったと思う
あんな風に君を傷つけようとしたんじゃないんだ
もし戻れるなら、君をひとりにするよ

 

I won't lie to you no more
I won't lie to you no more
'Cause I know I did before
Hope you find what you're looking for
もう君に嘘はつかない
もう君に嘘はつかない
前にしてしまったから
君が探してるものが見つかることを願うよ

 

 

すごく綺麗なメロディーですが、

歌詞や歌声から

たくさんの感情を感じますね。

 

ではこのへんで。