のどかのブログ

BGT、AGT好きのブログです!

Troye Sivan の Strawberries & Cigarettes 和訳

今日は Troye Sivan です!

f:id:dd-noddy:20190714210858j:image

Love, Simon サウンドトラックから、Strawberries & Cigarettes です!

 

Love, Simon の映画については、

Keeping A Seacret の記事で触れているので、

そちらをご覧ください ↓

 

dd-noddy.hatenablog.jp

 

この曲は、元は

彼のデビューアルバムの、

Blue Neighbourhood のために作っていましたが、

最終的に Love, Simon

サウンドトラックになりました。

そして2枚目のアルバム、

Bloom には、

この曲はそのアルバムに合わないため、

トラックには入れなかったそうです。

 

Strawberries & Cigarettes ↓

 

www.youtube.com

 

Strawberries & Cigarettes の和訳です!

 

 

 

Remember when we first met?
You said, “Light my cigarette”
So I lied to my mom and dad
I jumped the fence and I ran
But we couldn’t go very far
‘Cause you locked your keys in your car
So you sat and stared at my lips
And I could already feel your kiss
僕らが初めて会った時のことを思い出して
君は、私のタバコに火を付けてって言った
だからママのパパに嘘をついたんだ
フェンスを越えて走った
でもあまり遠くまで行けなかった
君の車を君はロックしてたから
それで君は座って僕の唇を見つめた
それだけで君のキスを感じたんだ

 

Long nights, daydreams
Sugar and smoke rings, I’ve been a fool
But strawberries and cigarettes always taste like you
Headlights on me
Racing to sixty, I’ve been a fool
Strawberries and cigarettes always taste like
Blue eyes, black jeans
Lighters and candy, I’ve been a fool
Strawberries and cigarettes always taste like you
長い夜、空想の中で
砂糖とタバコの煙が、僕は馬鹿だった
苺とタバコはいつも君みたいな味がする
ヘッドライトを点けて
60まで突っ走る、僕は馬鹿だった
苺とタバコはいつも
青い目と、黒いジーンズ
ライターとキャンディ、僕は馬鹿だった
でも苺とタバコはいつも君みたいな味がする

 

Remember when you taught me fate
Said it'd all be worth the wait
Like that night in the back of the cab
When your fingers walked in my hand
Next day, nothing on my phone
But I can still smell you on my clothes
Always hoping that things would change
But we went right back to your games
僕に運命を教えてくれた時を思い出して
待つ価値はあると言った
あの夜のタクシーの後ろの席でのことみたいに
君の指が僕の手に歩み寄って
次の日、スマホには何も来ない
でも服に君の匂いがまだ残ってる
いつもあのことが変わってくれたらと願ってた
でも僕らは元の世界に戻ったんだ

 

Long nights, daydreams
Sugar and smoke rings, I’ve been a fool
Strawberries and cigarettes always taste like you
Headlights on me
Racing to sixty, I’ve been a fool
Strawberries and cigarettes always taste like
Blue eyes, black jeans
Lighters and candy, I’ve been a fool
But strawberries and cigarettes always taste like you
長い夜、空想の中で
砂糖とタバコの煙が、僕は馬鹿だった
苺とタバコはいつも君みたいな味がする
ヘッドライトを点けて
60まで突っ走る、僕は馬鹿だった
苺とタバコはいつも
青い目と、黒いジーンズの味がする
ライターとキャンディ、僕は馬鹿だった
でも苺とタバコはいつも君みたいな味がする

 

And even if I run away
Give my heart a holiday
Still, strawberries and cigarettes always taste like you
You always leave me wanting more
I can’t shake my hunger for
Strawberries and cigarettes always taste like you
Yeah, they always taste like you
You
Long nights, daydreams
With that sugar and smoke rings
Always taste like you
僕が逃げても
心に休みが欲しいんだ
まだ、苺とタバコはいつも君みたいな味がする
君がいなくなると君が欲しくなる
君への気持ちを振り切れない
苺とタバコはいつも君みたいな味がする
いつも君みたいな味がする
長い夜、空想の中で
砂糖とタバコの煙が
いつも君みたいな味がする

 

Headlights on me (And even if I run away)
Racing to sixty, I’ve been a fool (Give my heart a holiday)
Still, strawberries and cigarettes always taste like
Blue eyes, black jeans (You always leave me wanting more)
Lighters and candy, I’ve been a fool (I can’t shake my hunger for)
Strawberries and cigarettes always taste like you
ヘッドライトを点けて(僕が逃げても)
60まで突っ走る、僕は馬鹿だった(心に休みが欲しいんだ)
まだ、苺とタバコは君みたいな味がする
青い目と、黒いジーンズ(君がいなくなると君が欲しくなる)
ライターとキャンディ、僕は馬鹿だった(君への気持ちを振り切れない)
苺とタバコはいつも君みたいな味がする

 

 

甘くて苦い恋の歌詞に、

落ち着いた雰囲気の曲調が重なって

素敵な歌になっていますね!

 

ではこのへんで。